TOPページ-食べる-仙台冬の味覚といえば?せり鍋を楽しめる「居酒屋 佗び助」

仙台冬の味覚といえば?せり鍋を楽しめる「居酒屋 佗び助」

仙台冬の味覚といえば?せり鍋を楽しめる「居酒屋 佗び助」

仙台冬の味覚といえば?せり鍋を楽しめる「居酒屋-佗び助」
※画像はイメージです。

寒さも厳しいことだし、せり鍋で暖まりたい」
「せっかくならお店の味を楽しみたい」
「大切な人を連れていくので隠れ家的なお店を発掘したい」
といった人にぜひ訪れてほしいのが、テレビでも紹介されたことのある隠れ家的名店、居酒屋 佗び助です。

ほがらかな女将と日本料理の親方が切り盛りする小さなお店ですが、名物である鴨だしせり鍋をはじめとする人気メニューばかりで、予約しないとなかなか入店できません。

今回は、おいしいせり鍋を食べられるお店を探している人に向けて、せり鍋の名店「居酒屋 佗び助」の魅力とおすすめのメニューをご紹介します。

「居酒屋 佗び助」の魅力

大町西公園駅から徒歩でわずか4分、落ち着いた通りの中ほどにひっそりと居を構えるのが、仙台でも名の知られたせり鍋の名店、「居酒屋 佗び助」です。

居酒屋 佗び助の魅力は、一品一品に時間をかけた丁寧な料理と、全国各地から集められた焼酎・地酒のラインナップ。
カウンター席がメインで、決して広くはないお店でありながら、予約必須といわれるほどの人気店なので、一度は名前を聞いたことのある人も多いでしょう。

そんな居酒屋 佗び助ですが、実は全国的にも有名になってきたせり鍋の生みの親だとされています。

宮城県はせりの生産量日本一の県ですが、もともとせりの根っこを食べるという習慣がありませんでした。
しかし、和食の板前でありながら食べ歩きを趣味にしている名物女将が、たまたま秋田県でせりの根っこを使った料理があることを知ったことがきっかけで、せり鍋という料理が生まれたのです。

最初はあまり有名な料理ではありませんでしたが、居酒屋 佗び助や生産者の方々を中心とした地道な活動が目に留まり、あるときお笑い芸人コンビ「サンドウィッチマン」の手によってテレビで紹介されたことで、人気が爆発。
居酒屋 佗び助だけでなく、他の店舗でもせり鍋が提供されるようになりました。

無心になっておいしい料理に舌鼓を打つのも料理の楽しみ方ですが、せり鍋のように、料理のバックストーリーを知っていると、楽しみ方の幅も広がるのではないでしょうか。

秋田に古くから伝わっていた食文化と女将の持つ料理の知識、地元の名産である「仙台せり」が組み合わさって生まれたせり鍋は、宮城の新しい名物です。

せりの旬が限られており、通年ではなかなか食べられないので、せり鍋を食べたことがない人や「せり鍋発祥の味」を楽しみたい人は、ぜひ一度、居酒屋 佗び助へ足を運んでみてください。

ちなみに、居酒屋 佗び助では、料理の提供だけでなく各種イベントも開催されています。
飲み放題付きの落語会、おいしい料理とお酒で気軽に楽しめるお寺の説法などもあり、根強いファンも少なくありません。

女将自体、ラジオ番組にレギュラー出演したり、ドラマやCMに出たりとマルチに活躍している興味深い経歴の持ち主なので、料理もお酒も会話も楽しめるでしょう。

「居酒屋 佗び助」のおすすめメニュー

居酒屋 佗び助のおすすめメニューとして、絶対に外せないのが「仙台せり鍋」です。

お鍋の内容は、シンプルに鴨肉と仙台せりだけ。
コクのある透き通った鴨だしやおしょうゆを使った味付けは、寒い冬に体を温めてくれる優しい味です。
小料理屋だけあって、基本的にお鍋の様子は女将が見てくれるため、おいしい食べ方がわからないという人でも安心して楽しめます。

一人前1,700円ほどと意外とリーズナブルな値段で楽しめますし、しめにうどんと雑炊の両方がついてくるため、物足りないと感じる心配もありません。

なお、せり鍋の元祖である居酒屋 佗び助では、地元の農家から取り寄せた新鮮なせりの根っこを4時間かけて洗っています。
「せり鍋を食べたことがあるけど、土臭さやジャリジャリとした食感が苦手」という人も、居酒屋 佗び助の仙台せり鍋なら、せり本来のシャキシャキとした食感と旨味を味わえるでしょう。

また、居酒屋 佗び助には仙台せり鍋以外にもさまざまなおすすめメニューが存在します。
旬のクレソンを使ったクレソン鍋に軍鶏料理、桜肉(馬肉)料理の他に定番のから揚げや天ぷらなど、一品料理の種類も豊富です。

食べ歩きを趣味にしている女将と、日本料理の親方が厳選した焼酎・日本酒も文句なしの品揃え。
地元宮城の地酒だけでなく、県外の地酒や月によって変わるお酒も提供されているため、注文する料理に合わせておすすめの銘柄を楽しみましょう。

「遠くて足を運べない」という場合は、「仙台せり鍋セット」を取り寄せるのもおすすめです。
女将が朝仕入れた朝採りの新鮮なせりと合鴨肉、出汁とうどんをクール便で送ってもらえます。
ただし、注文自体は電話で行う必要があるため、詳細は公式ホームページでご確認ください。

「居酒屋 佗び助」の基本情報

営業時間:平日:17:00~23:00 土曜日:17:00~22:00(ラストオーダーは閉店1時間前)
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合日曜営業・月曜休業)
住所:宮城県仙台市青葉区立町6-16
電話番号:022-217-8455
ホームページURL:http://wabisuke.style.coocan.jp/
その他:店内禁煙・毎週火曜日はレディースデー・クレジットカード支払い可

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

イベント

芸術の秋を親子で一緒に楽しもう「みやぎアートファミリアの日」

2017.10.19

イベント

踏み鳴らされるリズムに胸が熱くなります!「東北タップ&アートフェスティバル2017」

2017.03.05

イベント

眠っている絵本を交換しませんか?「絵本バンク」

2016.11.14

イベント

お気に入りの器がきっと見つかる♪「全国やきものフェア」

2017.07.07

食べる

とうとうきました!!東北初出店☆ラスクの有名店「ガトーフェスタ ハラダ 」

2016.10.21

食べる

愛らしいドーナツとコーヒーのお店「OVAL COFFEE STAND」

2018.11.19