TOPページ-食べる-定義三角油揚げ

定義三角油揚げ

pixta_10528886_m

仙台市内から、車で1時間ほどにある定義山。ここは定義如来・西方寺がある由緒正しき場所ですが、定義山の名物と言えば、その定義如来門前に位置する定義とうふ店さんの「三角油揚げ」

明治23年の創業から120年以上にわたり、昔ながらの手法で厳選された丸大豆と水にを使い、丁寧に1枚1枚手作りされています。
揚げるとその大きさは、なんと手のひらほどにもなるんですよ!

油揚げと言えば、普段はお味噌汁や炒め物に使ったりするのが多いですが、一番美味しい食べ方は、何といってもシンプルに揚げたてを食べること!
揚げたての「三角油揚げ」は外がサクサク、中はふわっとしっとり。そのままでももちろん美味しいのですが、揚げたてに醤油を垂らし、七味をかけて食べればまた違った美味しさが味わえます。その美味しさはまさに主役級!
店内では製造実演も観ることが出来ますので、見学後に揚げたてを食べると、さらに美味しさが増すような気がしますよ~!

定義山に行く際には必ず食べたい一品です!

 

■基本情報
定義とうふ店
住所:仙台市青葉区大倉字下道1-2
定休日:不定休
営業時間 :8:00〜17:00
TEL:022-393-2035
公式サイト:http://www.sankaku-age.jp/

 

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

美味しいインドカレーを食べるならここ!杜のインド料理「アシルワード」

2018.09.29

イベント

こんな車に乗って旅がしたい!夢が膨らむ「東北キャンピングカーショー」

2018.03.12

イベント

幻想的な夜の光景があなたの心を彩ります☆「秋保ナイトミュージアム」

2016.11.10

イベント

多大な影響を与え発展させた仙台藩四代藩主「伊達綱村」特別展

2018.11.09

イベント

秋の本番が楽しみになる2日間!「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin SENDAI交流ライブ」

2018.07.14

食べる

七つの海よりしあわせはこぶ「くじらもなか」

2016.10.16