TOPページ-食べる-七つの海よりしあわせはこぶ「くじらもなか」

七つの海よりしあわせはこぶ「くじらもなか」

main%e4%b8%83%e3%81%a4%e3%81%ae%e6%b5%b7%e3%82%88%e3%82%8a%e3%81%97%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%b6%e3%80%8c%e3%81%8f%e3%81%98%e3%82%89%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%8b%e3%80%8d

仙台の「もなか」といえば老舗「白松がモナカ」や「三色最中本舗」を頭に思い浮かべる方が多いと思いますが、もうひとつの知る人ぞ知る「もなか」を今日はご紹介します。

松園もなか本舗の「くじらもなか」は、昔から海を守ってきたと言われている縁起のよい生き物でもある「くじら」の姿をかたどった「もなか」なのです!
見た目のインパクトもさることながら、味も抜群です。

毎日、店主が餡を練り、ひとつひとつが手作りされています。
材料は自然素材にこだわり、添加物は一切使われておりません。
「もなか」の皮はサクサクパリパリ。これは今まで味わったことのない嬉しい食感です。

そして、餡は7種類。
小倉、青のり、抹茶、胡麻、珈琲、味噌、ワイン。と一見想像もつかないようなものもありますが、これが意外にクセになる美味しさ!

宮城県沖を元気に泳ぐ「くじら」をイメージしているという「くじらもなか」。
定番の手土産リストに仲間入りさせてみてはいかがでしょうか?

 

■基本情報
くじらもなか本舗
住所:宮城県仙台市青葉区木町通1丁目2-18 メゾンフローラ1F
電話:022-261-4490
営業時間:10:00~19:00
http://kujiramonaka.jp/

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

暮らす

仙台市民が路線バスを利用するのはどのようなとき?

2017.12.13

観る

ゲームの始まりはコミュニケーションの始まり「タンブリングダイス」

2017.06.10

食べる

本場の韓国料理をランチでどうぞ♪「ニュー韓一 オーケーバリ」

2017.03.14

観る

モノ作りを通して楽しい事に会える場所☆「Fablabsendai」

2018.01.28

観る

通信とライフスタイルが融合!「au SENDAI」

2017.02.17

イベント

光の冒険に出かけよう!「みどりの杜ファンタジーナイト」

2018.02.16