TOPページ-イベント-閉山した鉱山の暮らしを見つめ続けた「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展」

閉山した鉱山の暮らしを見つめ続けた「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展」

pixta_2198945_M
日本には数々の鉱山があり、昔はそれを生業として多くの人々が生活しそこを中心として町が栄えていました。

その中の一つにここ宮城県北西部、奥羽山脈の山麓の町鴬沢にも細倉鉱山という、鉛や亜鉛を産出した日本で有数の鉱山がありました。

ですが時代の流れが押し寄せ、ついに細倉鉱山も閉山への道を辿ります。

その細倉に住み家業の売店を生業にしていた住民の寺崎英子さんは、閉山が発表された直後からカメラを手にし、鉱山に暮らす人々を撮り続けました。2016年の5月に75歳で亡くなるまでに撮りためた写真はモノクロネガ246本、カラーネガ140本にものぼります。

人々が去り、時代に翻弄された鉱山の町が同様に寺崎英子さんの眼にどう映っていたのか、そのまなざしを追い写真集の刊行を目指すプロジェクト、「細倉を記録した寺崎英子のまなざし展」がせんだいメディアテークで現在開催されています。

貴重な撮影ノートなどの資料と共に約300点の写真を紹介していますので、ぜひ皆さんにも見て知っていただきたいと思います。
■基本情報
細倉を記録した寺崎英子のまなざし展
開催期間:2017年10月7日(土)〜12月26日(火)
開催場所:せんだいメディアテーク7Fラウンジ ※入場料無料
住所:仙台市青葉区春日町2-1
TEL:022-713-3171
開館時間:9:00~22:00(最終日は17:00まで)
休館日:第4木曜日(1月~11月)年末年始(2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水))
関連サイト:http://www.smt.jp/projects/mstudies/2017/09/post-18.html

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

イベント

乾いた喉を潤そう!本場のドイツビールを堪能できる「東北オクトーバーフェスト2017」

2017.06.23

イベント

秋保温泉夏まつり

2016.07.29

食べる

仙台あおば餃子

2016.09.27

イベント

大空を彩る幻想的な気球の姿は圧巻!「大崎バルーンフェスティバル」

2016.11.17

イベント

ついにここまでやっちゃいます!日本の伝統技術とコラボ!「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」

2017.03.19

イベント

圧倒的な世界観に子供も大人も夢中になれる「上橋菜穂子と〈精霊の守り人〉展」

2017.11.10