TOPページ-イベント-美術館で笑いはじめしませんか♪新年吉例「めでた掛け」

美術館で笑いはじめしませんか♪新年吉例「めでた掛け」

3
皆さんは「めでた掛け」って聞いたことありますか?
「めでた掛け」とは、美学者で福島美術館の初代学芸員・佐藤明(さとうあきら)(1905~86)さんによる造語。

「おめでたい掛け物(掛軸)をみんなで見て、新年を祝いましょう」という趣旨で、昭和55年の開館以降、福島美術館では新年吉例の展覧会となっています。
今回のテーマは「笑い初め」。

日本の美術の中には、じつに多様な「笑い」が描かれています。

にっこりと笑う人の顔、目元涼しくほほえむ美人、七福神や達磨など、一目見ただけで笑いだしてしまう作品もあれば、絵の背景を理解することで笑いを誘う作品もあります。

「笑い」を通して絵をみると、機知とユーモアに富んだ日本美術の世界が広がっていきますよ。

関連イベントには有料入館者対象で空くじなしの「新春一番運だめし!めでたくじ」や、新春出前寄席などの関連イベントも行われます。
「笑う門には福来る」平成30年の始まりは、福島美術館で笑顔いっぱいの福招く一年にしましょう♪
■基本情報
開催期間:2018年1月5日(金)〜3月3日(土)
開催場所:福島美術館
住所:仙台市若林区土樋288-2
TEL:022-266-1535
開催時間:9:00~16:30
休館日: 毎週月曜日(但し1月8日、2月12日は開館)
1月9日(火)、2月4日(日)、2月13日(火)
公式サイト:http://www.fukushima-museum.jp/index.html

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

暮らす

「孫育て」のヒント満載!パパママにも超おススメの子育て便利帳「へとへとでもやっぱり楽しい孫育て」

2019.01.03

観る

芸術のDNAの再現までも追及した「よみがえるシルクロード」展

2019.06.01

イベント

夏を締めくくる伝統行事「広瀬川灯ろう流し」

2019.08.18

食べる

さかなの駅・宮城県気仙沼市

2013.12.25

食べる

夏はやっぱりこれ!辛さに挑み続けるリピーター続出中「札幌スープカリーSAMA仙台大学病院前店」

2016.08.25

食べる

シンガポールで人気の小籠包が仙台にやってきた!「京華小包(ジンホア)」

2017.01.24