TOPページ-イベント-VRでタイムトリップ気分!?仙台で「伊達な歴史の新体験」

VRでタイムトリップ気分!?仙台で「伊達な歴史の新体験」

VRでタイムトリップ気分!?仙台で「伊達な歴史の新体験」

仙台といえば、戦国武将「伊達政宗」や彼の居城だった仙台城などが有名な歴史あるエリア。
仙台市内にはさまざまな観光スポットや歴史的名所、古くから残っている建造物などがあるものの、残念なことに「当時の仙台の姿」は楽しむことはできません。

古い書籍や郷土資料を見て仙台の町並みを想像するのも乙な楽しみ方ですが、もっとダイレクトに昔の仙台の姿を見てみたいと感じる人も多いでしょう。

そんな中、伊達政宗好きや仙台の歴史に興味を持つ方に最適な、「伊達な歴史の新体験」というイベントが始まりました。

そこで今回は、最新技術であるVRを使って、古い仙台の町並みを体験できる「伊達な歴史の新体験」の楽しみ方とおすすめのスポットについてご紹介します。

「伊達な歴史の新体験」の楽しみ方

「伊達な歴史の新体験」は、手持ちのスマホやタブレットを通して、古い仙台の景色を体験できるイベントです。

もちろん、戦国時代を始め写真のない時代なので、CG等を使って資料から再現したものにはなりますが、現代とは大きく異なる当時の景色を楽しめます。

そんな「伊達な歴史の新体験」の楽しみ方は、
・VRのある観光地へ足を運ぶ
・スマホやタブレットの標準ブラウザでVR体験の公式サイトを読み込む
・スマホやタブレットを動かして現地の今と昔を見比べる
だけ。

上記の方法がうまくいかない場合、現地でQRコードを読み取ってVR空間を見る方法もあります。

イベントの魅力は、何といってもVR技術を使っていることです。
昔の文化を体験するイベントでは、当時の景色を再現したパネルが置いてあったり、模型が展示されていたり、用意されている動画を見たりするのが一般的。

写真もCGも動画も、基本的に特定の角度からしかチェックできません。
しかし、「伊達な歴史の新体験」で使用されているのは仮想現実空間です。
スマホに映っていない角度にも景色が存在するので、例えば現地でスマホを右に動かすと、スマホに右側に広がっている景色を楽しめます。

ただし、「伊達な歴史の新体験」を利用するためには、
・iPhone:iOS 10以上
・Android:Android 5.0以上
の端末が必要です。

また、スマホのブラウザで位置情報の利用を許可したうえで、GPS・位置情報・ジャイロセンサー・コンパス等の機能も搭載されている必要があります。

とはいえ、各機能はたいていのスマホに搭載されているので、よほど古い端末を使っていない限り、スマホが対応していないというトラブルを心配する必要はないでしょう。

なお、タブレットだと、スマホに搭載されている機能がついていないも場合もあるので注意が必要です。

タブレットだけを現地に持っていった結果、サービスに対応していなければ楽しみが半減してしまうので、できればスマホとタブレットの両方を持っていきましょう。

仙台でVR体験ができるおすすめスポット

仙台城跡
有名な伊達政宗の騎馬像がある仙台城跡。
城そのものは時の流れでもう存在しませんが、高い位置にあるため市内を一望できます。
敷地内には青葉城資料展示館もあるため、伊達政宗ファンなら一度は訪れておきたい観光スポットです。
VRを使って、当時の町並みと現代の町並みを比べてみましょう。

大橋
大橋は、広瀬川で分断されている仙台城と城下町をつないでいた橋です。

現代では通行のしやすさや耐久性等の観点から頑丈な橋にかけ替えられていますが、
元は城と城下町をつなぐだけでなく、城下町から敵兵が攻め上がってくるのを防ぐための設備としても使われていました。

戦のない平和な現代とは橋の使い方が大きく異なるため、VRで当時の常識と現在の常識を比較するといった楽しみ方もおすすめです。

芭蕉の辻
古くは、城下町の中心部にあったメインストリートの一角です。

辻とは十字路のことで、仙台城の城下町には芭蕉の辻を中心に大きな商家や市が広がっていました。
仙台城跡や大橋が戦の香りを楽しめる場所だとすれば、芭蕉の辻は当時の暮らしぶりを垣間見られるスポットです。

VR空間では、多くの人でにぎわう芭蕉の辻を楽しめます。

仙台駅
新幹線を使えば東京と片道約100分で行き来できる、仙台の中心部である仙台駅ですが、当時は仙台の中心から少し外れていました。

交通網や技術の発展によって、町並みが大きく変わることを目の当たりにできるおすすめのスポットです。

非常にアクセスの良い場所なので、一度は「伊達な歴史の新体験」を試してみましょう。

「伊達な歴史の新体験」の基本情報

○仙台城跡
住所:宮城県仙台市青葉区川内1
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/boshin/

○大手門跡
住所:宮城県仙台市青葉区川内26
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/tatsujin03/

○大橋
住所:宮城県仙台市青葉区川内追廻
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/tatsujin01/

○芭蕉の辻
住所:宮城県仙台市青葉区大町1丁目4
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/culturalproperty_chusinbu/

○仙台駅
住所:宮城県仙台市青葉区中央1丁目10-10
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/culturalproperty_yakushido/

○陸奥国分寺跡
住所:宮城県仙台市若林区木ノ下2丁目8-28
おすすめ観光コース:http://www.sentabi.jp/modelcourse/tatsujin02/

「伊達な歴史の新体験」公式ホームページはこちら:https://sendai-vrtour.jp/ja/

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

ほっと一息つけるあたたかな空間があります。「cafe Kiitos(カフェ キートス)」

2016.10.21

食べる

仙台で味わえる本格中国料理「謝朋殿 點心樓」

2016.10.21

食べる

冬にしか出会えない儚く美しい仙台銘菓「霜ばしら」

2017.01.04

食べる

隠れた名店!上質な仙台牛が堪能できる「焼肉 泰山 定禅寺通り店」

2016.09.01

食べる

旬の食材が感動するほど絶品のフレンチに♪「フランス食堂オ・コションブルー」

2017.12.10

食べる

極上のトマトが生み出す至高のトマトジュース「スカーレット・ティアーズ」

2017.07.06