TOPページ-暮らす-「家作りの失敗談」はありますか?仙台に暮らす人170人に聞きました

「家作りの失敗談」はありますか?仙台に暮らす人170人に聞きました

pixta_17359833_M

ほとんどの人にとって、一生に一度の大きな買い物「家」。 吟味に吟味を重ねて最善と思われる選択をしたはずなのに、住み始めてみると購入前には分からなかった不満点が出てくることがあります。
今回は仙台に住む人に「家を買った時の失敗談」について自由回答でアンケートを採りました。
アンケート結果を基に、住居のどんな部分に後悔が生まれたのかをご紹介します。

仙台の人が感じる家への不満は間取りが一番

自由回答でのアンケートだったので、仙台の人の家に対する不満はバラバラでしたが、唯一複数の回答があったのが「間取り」についてでした。
「和室を作ったけど必要なかった」「収納のスペースが少ない・使い勝手が悪い」「動線がチグハグ」など、設計図の段階ではベストだと思った決定が、生活し始めてみると不便だということはよくあります。
和室に関しては近年一軒家では設けない家も増えているようですが、マンションではLDKに付属する形が多く見られます。
仏壇がある、来客が泊まる機会が多い、赤ちゃんがいるなどの場合には和室が重宝しますが、使いきれない家庭も多いようです。
家族構成、持ち物の多少、生活リズムは各家庭によりさまざまです。
画一的な間取りが多いマンションでは間取りに対する不満が出やすいようでした。

長く仙台に住み続けるために家作りにはこだわりたい!

設計の段階で「まぁ、これくらいならいいか」と思っていたことが生活上のストレスになっている部分もあるようです。
「流し台の高さ」や「日当たりの悪さ」「せまい」「庭がない」「高層階にすればよかった」などは「わかっていたけど目をつぶった」部分でしょう。
また、年月が経つにつれ、それまでは感じなかった家への不満が生まれることもあります。
「階段が急」という意見は、「若い頃には平気だったのに、近年辛くなってきた」ということだそうです。
仙台に住み続けるのであれば、これからも何十年と住む家です。長い目で見て家を考えなければなりませんが、なかなか難しいものです。

悩む人が多い「騒音」は仙台でも

家そのものではなく、周辺の環境に対する後悔の声もありました。
定番の「騒音」は道路や隣家、学校や商業施設など発生源はさまざまです。
事前に分かっていた場合もあれば、暮らし初めて分かることもあるでしょう。
仙台では東京などより余裕のある住居区画が多くはありますが、それでもなくならない問題です。
「隣の家のソーラーパネルが夜間にうるさい」「特に両隣をよく調べて家を買うべきだった」と具体的な回答もありました。
お互い様ではありますが、悩ましい問題です。

仙台に暮らす人170人に聞いた「家を買った時の失敗談」アンケート。実は集まった回答の中で最も多かったのは「特にない」でした!
なんと98人、57.6%もの人が「特に失敗談ない」と答えたのです。長く過ごす家に不満がないのはとても幸せなことですね。
家は簡単には買いなおしたりリフォームすることが難しい分、不満は長く続いてしまいます。事前の準備が不可欠ですが、それも万全とはいきません。
賃貸の間にいろいろなタイプの家に住んで自分の生活スタイルと照らし合わせてみたり、実際に住む人の家にたくさん行ってみるのが失敗を減らす秘訣のようです。

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

pixta_19479176_M

暮らす

あなたの職業はなんですか?仙台市民へのアンケート結果を発表!

2018.09.19

pixta_6684834_M

食べる

1カットから宅配無料!サービス抜群の「Juliet Love Cake」

2018.07.11

10

イベント

雄大な自然が作り出す芸術。蔵王の「樹氷鑑賞ツアー」

2016.12.10

pixta_22685401_M

暮らす

仙台の住んでみたい街人気エリア 榴ヶ岡駅周辺の魅力とは

2017.12.23

pixta_14257733_M

観る

寒い季節は可愛い猫ちゃんと触れ合い心を温かく「猫カフェ」

2017.12.22

main%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%a6%e3%81%8a%e6%b4%92%e8%90%bd%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%82%89%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%ba%97%ef%bc%81%e3%80%8c

食べる

美味しくてお洒落などら焼きならこのお店!アンコヤ(ankoya)

2016.10.16