TOPページ-暮らす-宮城野区のここがスゴイ!!「地元学」

宮城野区のここがスゴイ!!「地元学」

仙台で地元学の先駆といえば、宮城野区。
講座を通じて育まれてきた住民たちの郷土愛は、地域に根差したさまざまな活動として花開いています。
区が事務局を務める実行委員会が1990年に地元学講座を主催。
参加した市民が榴岡公園や原町本通りの歴史、施設などを調べました。
その後、鉄砲町・二十人町、新田、宮城野、岩切など計8地区を6年かけて調査し、区内をほぼ一巡して終了。
「地元学の会」による講座やイベントも、2006年度まで続きました。
区内の市民センターでは現在も、地元の文化や歴史を学ぶ講座が随時開かれています。
地元学講座の成果は冊子にまとめられ、市民センターなどで見ることができますよ。
住民団体のガイドボランティア「宮城野さんぽみち」は6年前から、JR仙台駅東口の歴史を街歩きで紹介しています。
見過ごされがちな地域の歴史の名残に脚光を当てる、地元学の精神を受け継いだ活動です。
リピーターも多いそうです。
仙台に住むなら、一度は参加してみたいですね!

■基本情報
東口ガイドボランティア・宮城野さんぽみち
毎月28日開催の「新寺こみち」に合わせてのまち歩き(8月・12月・1月・2月は休み)や独自企画のまち歩きイベントを実施。
FAX番号:022-272-8703
メールアドレス:taka814@estate.ocn.ne.jp
電話番号:022-299-5666(榴岡市民センター)

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

イベント

打ちたての香り高い新そばが食べられます♪「蔵ing村田 新そばまつり」

2016.11.08

食べる

優しい甘さとサクサクの食感☆「てるやのちんすこう」

2018.12.23

食べる

ロシア版おふくろの味☆スラブ料理「カフェ アリョンカ」

2017.03.21

特集

はずれなし!仙台市民がすすめる仙台土産はこれだ!

2016.08.23

暮らす

乗合タクシー運転試行スタート!「のりあい・つばめ」

2019.07.11

食べる

異国感あふれる空間で旅の気分を味わいませんか?「Botanical item & Café CYAN(シアン)」

2017.05.13