TOPページ-暮らす-温泉マニア必読!満を持して登場!「県温泉由来考」

温泉マニア必読!満を持して登場!「県温泉由来考」

消えゆく温泉の歴史を後世に残そうと、旅館やホテルの経営者らでつくる一般社団法人宮城県温泉協会が『県温泉由来考』を発行しました。
2013年度から、公的な記録の他に、実際に現地調査や関係者の聞き取りなどを集め、これまでに4冊を刊行しています。
発表後に県内外から温泉に関する多数の文献資料が提供され、今回作成した由来考は、そういったものも盛り込まれているそうです。
載っているのは秋保温泉(仙台市太白区)や鳴子温泉(大崎市)など現存する29カ所のほか、廃業した折立温泉(青葉区)や鳴瀬川温泉(加美町)、2008年の岩手・宮城内陸地震で被災した駒の湯温泉(栗原市)などの県内の77温泉。
開業時期や泉質、設備、地形図や当時の写真も載せられ、明治から昭和にかけての歴史を知る貴重な民俗資料となっています。
温泉好きだけではなく、郷土の歴史に興味のあるかたにもおススメの資料ですね。
残念ながら非売品。
宮城県図書館や温泉地の図書館で閲覧してみてください。

■基本情報
一般社団法人宮城県温泉協会
電話:0224(34)1990

 

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

一草庵

2013.11.25

イベント

走って食べて飲んで楽しもう!「東北風土マラソン」

2017.02.06

イベント

五感の全てで楽しめる一ノ蔵蔵開放「一ノ蔵を丸ごと味わう春祭り」

2017.04.09

イベント

扉のない部屋から脱出しよう!「リアル脱出ゲーム」

2016.11.30

暮らす

自然を楽しみながらウォーキングで健康に!「おおひらウオーキングマップ」

2019.05.02

イベント

北欧と東北が紡ぎだす素敵なクリスマスをあなたに♪「フィンランド+SENDAIクリスマスマーケット」

2017.12.05