TOPページ-暮らす-自然を守る!宮城県と猟友会がハンター養成へ

自然を守る!宮城県と猟友会がハンター養成へ

今年も、畑や果樹園でのイノシシなどによる被害がニュースになっています。
年々増え続ける、野生鳥獣による農作物被害はとても深刻。
宮城県では、県猟友会と協力し、新人ハンター養成講座を毎年開設しています。
イノシシなどを狩れる狩猟免許所持者は年々減少。
50年前の1969年度に一万人以上いた所持者は、2018年度に3500人ほどに。
しかも、6割以上が60歳以上のシニアハンターだそうです。
若手ハンターの養成が急務になっているのです。
実は、ジビエ(野生鳥獣肉)ブームや山ガールブームなどで、女性の参加者も増えているんだそう。
2013年から始まった講座からは、29人が猟友会へ入会。
でも、まだまだハンターは足りない状態。
講座ではイノシシやシカの生態、わなや銃の使い方、狩猟後の解体方法を学べるそうです。
アウトドアが好きな方はぜひ参加してみては?

■基本情報
宮城県自然保護課
TEL:022(211)2673
公式ウェブサイト:http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sizenhogo

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

イベント

子供の頃のワクワクが蘇ってくる!「POP CIRCUS」

2017.08.25

食べる

美味しいお酒とご当地料理で東北を盛り上げよう!「東北ろっけん応援酒barむっしゅ」

2017.04.06

イベント

【寒さを吹き飛ばし新年を盛り上げる「大崎八幡宮 松焚祭」

2018.01.10

食べる

マーボー焼きそば

2016.09.27

食べる

地元人なら一度は食べたことがある洋菓子店「パイ&シューすがわら」

2016.10.16

イベント

仙台・夏の風物詩。七夕飾りの伝統的な美しさに願いを込めて「仙台七夕まつり」

2017.08.02