TOPページ-暮らす-仙台の豆腐は”香り”に注目!なんと市内の2店が受賞!「第5回全国豆腐品評会」

仙台の豆腐は”香り”に注目!なんと市内の2店が受賞!「第5回全国豆腐品評会」

最優秀賞を勝ち取ったのは仙台市太白区緑ケ丘のささはら豆腐店の「プチ玉(香(かおり))」。
まんまるのパッケージが愛らしい!
つまようじでプツンと刺すと、豆腐がつるりと現れるのも楽しくてクセになります。
ひとくち食べれば豆の香りが広がり、食感はまろやかで食べやすい。
おみやげにもいいですよ。
そして、仙台市青葉区福沢町の兎豆(とまめ)屋は、「香(かおり)おぼろ」で「寄せ・おぼろ」部門の金賞を受賞。
トロッとしたクリームのような食感で、豆の濃い味と香りが最大限に生かされています。
実はこの2つ、同じ豆を使っているのです。
それは、登米市で試験的に生産された青大豆「香り豆」。
「香り豆」は希少価値の高い在来種で、市場にはほとんど出回らないそう。
この2店の受賞で、香り豆は豆腐業界の熱い注目が。
来年からは収穫量も増え、流通も広がる予定。
豆腐も原料の大豆も、宮城が大注目ですね!

 

■基本情報
ささはら豆腐店
住所:仙台市太白区緑ヶ丘4-21-15
TEL:022-248-8821

杜の都 仙台の豆腐店 兎豆屋
TEL:022−702−4168
営業時間:6:00〜19:00 (日曜定休)

この記事に関するお問い合わせはこちら

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

大胆に洋風アレンジ!「そば処 登喜和」

2019.04.12

特集

仙台のおすすめ紅葉スポット「瑞鳳殿」

2016.09.30

食べる

東口に33年。カレスパフリークは今も増殖中!「タピオラ カレースパゲティー」

2016.10.17

暮らす

毎日行けます台湾!!ますます身近に!「エバー航空仙台―台湾線」

2019.02.21

食べる

無化調ラーメンの概念がひっくり返る「麺匠ぼんてん」

2016.11.06

イベント

仙台の冬の風物詩・みんな大好き!「SENDAI光のページェント」

2016.12.04