TOPページ-暮らす-仙台市泉区

仙台市泉区

pixta_24038420_m

田園風景の残る学生と野球場の町

 

仙台市泉区は、青葉区のお隣の区です。

泉ヶ岳という山があるので、この名前がついたといいます。

 

仙台市のベッドタウンのような存在で、職場が市の中央で自宅が泉区という人も少なくありません。

 

元は泉市という名前でした。古くは奥州街道の宿場町でした。

現在では、仙台市営地下鉄南北線が通っていて、移動もしやすくなっています。

 

短大や女子大があって、東北学院大学の泉キャンバスもありますから、学生にも人気のエリアです。

不動産投資をするなら、こうした学生用の物件を購入するのもいいかもしれません。

 

駅近の物件以外にも、高速の泉ICがあり、国道4号や県道も多いので、幹線道路に便利な場所だと、車の便も良いロケーションでもあります。

 

オフィスビルも集まってきていて、仙台スタジアムで試合がある日は、大規模な人の移動もあります。

 

不動産価格もここ数年で上昇傾向があり、田園風景の広がる部分と、市街地の部分とのコントラストがあるのも、泉区の特徴になっています。

 

pixta_22270525_m

賃貸相場を見て不動産の相場を知る

 

仙台の泉区には、泉中央駅前にLOFTがあったり、アリオには大きなイトーヨーカドーがあったり、プレミアムアウトレットの大型店舗があったりと、生活しやすい環境です。

 

不動産を買いたいという人も多いですが、学生の一人暮らしなど、賃貸物件も多くあります。

 

賃貸は学生向けのワンルームアパートなどの物件は、相場で2万円~3万円程度。

ファミリータイプの3DKのアパートは、6万円程度から見つかります。

 

マンションタイプになると、10万円前後の物件もあり様々です。

同じ泉区でも、泉中央や八乙女などの駅近物件のマンションは、家賃も少し高めです。

 

賃貸不動産を探している人は、職場や学校までの通学の便利さなどで、若干高くても、交通の便利なところに人気が集中します。

 

スポーツ施設も充実していて、温水プールなどもあり、子どもを育てるには最適なところでしょう。

おいしいケーキ屋さん、評判のラーメン店など、活気のある街ならではのおいしいお店も多くあります。

 

=”allowfullscreen”>

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

pixta_11563784_m

食べる

青葉区大町にあるカフェ「わでぃはるふぁ」

2016.07.14

21

食べる

料理とおもてなしの心をともに味わえる「古拙」

2017.02.21

28

食べる

いつもと違うアジア料理を食べるならここ!マレーシア料理の「SAMASAMA亭」

2017.05.28

pixta_32583241_M

食べる

老舗の冷たいおそばで残暑を乗り切ろう☆山形そば「寿屋 寿庵」

2017.09.18

10

食べる

ウイスキーの歴史や魅力をより深く知ることができるようになりました!「宮城峡蒸溜ビジターセンター」

2017.05.10

pixta_2362461_m

暮らす

仙台市若林区

2016.09.12