TOPページ-観る-支倉常長の墓(支倉常長メモリアルパーク)

支倉常長の墓(支倉常長メモリアルパーク)

Exif_JPEG_PICTURE

歴史上で希代の偉業を果たしながら、時代の流れによって闇に葬られてしまった支倉常長。

地元仙台では、伊達政宗の次に人気の歴史的ヒーローです。

支倉常長は、慶長18年(1613年)、藩主伊達政宗の命をうけ、サン・ファン・ヴァウティスタ号という木造船に乗り、メキシコのアカプルコ経由でローマへと渡り、ローマ法皇に謁見しました。

ところが7年後、彼が帰国した時、幕府の政策は鎖国そしてキリシタン禁教になっていたのです。

現在、支倉常長の墓といわれるものは宮城県内に3ヵ所存在します。
仙台市北山にある光明寺説。
支倉常長の生まれ故郷とも言える川崎町支倉地区の円福寺説。
そしてこの大郷町説の3つです。

 

◇支倉常長メモリアルパークへのアクセス
JR東北本線松島駅からタクシーで20分

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

お酒は4杯まで!文化横丁「源氏」

2016.10.15

食べる

極上のワンタンメンここにあり。「満月 仙台定禅寺店」

2017.03.24

暮らす

毎日行けます台湾!!ますます身近に!「エバー航空仙台―台湾線」

2019.02.21

食べる

純喫茶 星港夜(シンガポールナイト)

2013.11.25

食べる

寄席とハワイと蕎麦!「imosen」

2016.10.16

食べる

一度は食べてみたい!「壱萬円弁当」

2016.10.16