TOPページ-観る-見て、歩いて自然や歴史を体験しよう♪「宮城オルレ」

見て、歩いて自然や歴史を体験しよう♪「宮城オルレ」

皆さんは「オルレ」ってご存知ですか?
「オルレ」は韓国・済州島から始まったものでもともとは済州の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味。
現在はトレッキングコースとして名付けられて有名となっています。実はつい最近「宮城オルレ」のコースが開設されました!
宮城オルレは「済州オルレ」の姉妹版で、国内では九州地方に続き2例目となります。

「宮城オルレ」は宮城の自然やその土地の歴史を知り、食などの魅力を楽しみながら歩くトレッキングコース。
御崎岬や巨釜半造が見られる沿岸部を巡る「唐桑コース」と、稲ケ崎公園や新浜岬などを回る「奥松島コース」の2つあり、距離は10kmほどで所要時間は4~5時間。
コースには、赤と青のリボンや矢印などのオルレの標識が設置され、誰でも自由に歩くことができます。
海岸線や山などの自然、民家の路地などを自分のペースで歩くことができ、季節的には紅葉も楽しめるので今が最適!

ぜひ皆さんも「宮城オルレ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

■基本情報
宮城オルレ
「唐桑コース」スタート場所:唐桑ビジターセンター
住所:気仙沼市唐桑町崎浜4-3
「奥松島コース」スタート場所:セルコホームあおみな
住所:東松島市宮戸字川原5-1
お問い合わせ:022-211-2895(宮城県経済商工観光部観光課)
公式サイト:https://www.miyagiolle.jp/

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

秋保の雑木林の中で食べるピッツァ「Pizza&Cafe 森のオーブン Dottore」

2016.10.17

観る

一ノ蔵本社蔵見学

2016.07.15

食べる

ミュージカル音楽も身近に感じて欲しい!「カフェ パティーナ」

2017.04.27

イベント

光の冒険に出かけよう!「みどりの杜ファンタジーナイト」

2018.02.16

食べる

自然派ワインと炭火ビストロの店「NOTE」

2016.10.21

暮らす

仙台で暮らす人は仙台市民の気質をどんなふうに考えている?

2016.12.27