TOPページ-観る-定義如来西方寺

定義如来西方寺

main%e5%ae%9a%e7%be%a9%e5%a6%82%e6%9d%a5%e8%a5%bf%e6%96%b9%e5%af%ba

「定義山」または親しみをこめて「定義さん」と仙台の皆さんに呼ばれている「西方寺」。

「定義」の読み方は「じょうぎ」「じょうげ」と2通りあるそうで、その由来は平安時代までさかのぼるそうです。

平清盛の家臣であった平定義(たいらのさだよし)が平氏滅亡後に落人としてこの地に落ち延び、一門の冥福を祈って寺院を建立し阿弥陀如来を安置したのが始まりとか。その名前「定義」が寺院名に転じたということです。

境内には五重塔、日本庭園、そして2本のケヤキがいつしか1本になった「縁結びの神木」があります。

縁結び以外にも、子宝・安産祈願に訪れるひとも多いとか。また、定義さんの参道にはあの名物が……その話はまた後日にすることとしましょう。

好天の日はもちろんですが、梅雨の時期もなかなかシャレたもの。雨にしっとりと湿った境内は美しい光景です。ぜひいちど参拝してみてください。

 

◇定義如来西方寺のアクセス
・バス:仙台駅10番乗り場「定義」行き乗車→終点「定義」にて下車すぐ

この記事に関するお問い合わせはこちら

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

星読みってご存知ですか??「星読みカフェミュー」

2016.10.29

食べる

たからや食堂

2013.11.18

暮らす

憧れの北欧へGO!新千歳-ヘルシンキ線就航開始!

2020.01.30

仙台のお土産といえば笹かま!「鐘崎 笹かま館」で手作り体験

食べる

仙台のお土産といえば笹かま!「鐘崎 笹かま館」で手作り体験

2020.04.12

観る

忘れ去られた江戸末期の人気絵師・横山華山、初の回顧展が開幕!「横山華山展」宮城県美術館

2019.05.21

暮らす

旬なグルメに毎月出逢える!「いろどり なとり 産直マーケット」

2019.05.14