TOPページ-食べる-いわて短角和牛から作る生ハム「セシーナ」が発売!

いわて短角和牛から作る生ハム「セシーナ」が発売!

いわて短角和牛から作る生ハム「セシーナ」が発売!

※画像はイメージです。

岩手県のブランド牛といえば、三大和牛の一つである前沢牛と並び、いわて短角和牛が有名です。
そのいわて短角和牛から作られた生ハム「セシーナ」が、2020年4月29日に発売されました。

今回は、いわて短角和牛から作られた希少な生ハム「セシーナ」について、ご紹介します。

いわて短角和牛を使った生ハム「セシーナ」って?

セシーナとは、本場スペイン北部の山岳地帯で古くから造られてきた伝統的な牛の熟成生ハムのことです。スペインの生ハムといえば、世界三大ハムの一つに数えられる「ハモンセラーノ」が有名ですが、セシーナはスペインの生ハムの中で、ほかの生ハムほどメジャーではないといいます。

いわて短角和牛とは、日本短角牛の生産日本一の岩手県で生まれ、育てられた短角牛です。もともと、短角種は役畜として利用されていた在来種の南部牛をルーツに持ちます。いわて短角和牛は、放牧で育てられ、繊維質が引き締まり旨みの多い赤身肉が特徴です。
自然交配により生産されるいわて短角和牛は暑さや寒さに強く、春から秋にかけて広大な草原に親子で放牧されてのびのびと育つそうです。

今回、発売となる、いわて短角和牛を使った生ハム「セシーナ」は、和牛の中でもわずか1%しか生産されない貴重な短角牛のセシーナとしては日本初。地方に隠された名品を選ぶ「にっぽんの宝物」グランプリでは、2019年岩手大会、JAPAN大会の両大会で部門グランプリを受賞しました。

生ハム「セシーナ」の魅力

今回発売される生ハム「セシーナ」の原材料は、「いわて短角和牛」の外もも肉と「のだの塩」のみ。「のだの塩」とは、岩手県野田村に古くから伝わる海水直煮製法で作られた自然塩で、昔ながらの薪の火で炊き上げるため製造には4日間もかかります。いわて短角和牛を「のだの塩」に漬け込んだ後、冷燻し、1年ほど熟成させることで、ようやくセシーナが完成します。岩手県の特産品2品から作られた「セシーナ」は、国内唯一の無添加の牛肉熟成加工品なのだそうです。

世界一のレストランと称されたスペインの3つ星レストラン「El Bulli(エル・ブジ)」でシェフを務めていた山田チカラ氏によると、いわて短角和牛のセシーナは、本場のセシーナよりも柔らかく、脂の甘みも感じられる味わいだといいます。

なお、セシーナの本場スペインでの一般的な食べ方は、シンプルにスライスしてそのまま食べるか、はちみつとチーズと合わせるのだとか。

セシーナを販売している「肉のふがね」の基本情報

セシーナの販売元で、精肉・加工品販売を営む「肉のふがね」の基本情報は以下の通りです。

住所:岩手県岩手郡岩手町沼宮内第7地割23
電話番号:0195-62-2403
ホームページURL:http://www.nikunofugane.com/
公式Facebook URL:https://www.facebook.com/pages/category/Specialty-Grocery-Store/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E8%82%89%E3%81%AE%E3%81%B5%E3%81%8C%E3%81%AD-497413690273090/

この記事に関するお問い合わせはこちら


この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

特集

松尾芭蕉の句で有名な“山寺”の魅力とは

2016.11.02

イベント

宮城県の新年を盛り上げる「どんと祭」

2019.01.12

イベント

歴史を感じる幻想的な夜桜見物ができます!「白石城桜まつり」

2018.03.31

食べる

薪窯で焼き上げられた最高にシンプルな美味しさ「薪窯パン 麦屋」

2017.12.16

食べる

あのタニタ食堂のメニューが味わえます!「おこん伊達」

2016.12.21

暮らす

楽天生命パーク宮城にファン必見の宿泊施設がオープン!

2020.09.17