TOPページ-食べる-仙台市若林に移転オープン!人気ラーメン屋「一芯結」

仙台市若林に移転オープン!人気ラーメン屋「一芯結」

※画像はイメージです。

2020年の8月8日、仙台市若林区の沖野に、「一芯結」というラーメン店がオープンしました。
「一芯結」は、何を隠そう山元町で連日スープ切れを起こしていた人気店、「麺屋一芯」のリニューアル。
2018年3月から2020年の6月末まで山元町で営業していましたが、約2ヵ月の期間を開け、一芯結びの店長が店名を一新して再スタートを切りました。
厳選した食材から取った出汁を使い、バランス重視で仕上げた一杯は、店名が変わり、場所が変わっても一日200食以上売れている人気メニューです。

今回は、移転前から安定した人気を誇るラーメンの注目店、「一芯結」についてお伝えします。

若林区沖野のラーメン店「一芯結」って?

「一芯結」は、仙台市若林区、沖野にオープンしたラーメン店。
定番メニューであるこってりラーメンとあっさり味わえる中華そば、こだわりの味噌を使った濃厚なみそラーメンなどを提供しています。
2020年8月8日にオープンしたばかりの新店舗ですが、じつはもともと山元町にあった「麺屋一芯」のリニューアルオープン店ということもあり、新規顧客だけでなく常連客も根付いている人気店です。

どれくらい人気があるのかというと、山元町時代と同じく一日200食仕込んだスープが、売り切れてしまうほどの盛況ぶり。
営業はランチタイムとディナータイムの二部制で、土日も開いているので休みの日も気軽に足を運べます。
がっつり系からあっさり系まで、幅広く対応しているこだわりラーメンを食べたくなったら、ぜひ一度足を運んでみると良いでしょう。

「一芯結」の魅力

「一芯結」の魅力は、ラーメン業界で20年間働き続け、交通の便が悪い中でも人気店を育て上げた店主渾身のラーメンです。
出汁用の鶏ひとつ取ってみても、比内地鶏や奥州のいわいどりといった複数の選択肢からベストなものを選択。
また、カツオや鯖、煮干し等を使ってバランスを追求しています。
その味わいは、店主が経営問題で一度店を閉めることになったとき、お客様から「もう一度あなたのラーメンを食べたい」といわれるほど。

こってりとした濃厚なラーメンからあっさりとした中華蕎麦、濃厚なみそラーメンにシャキシャキとした食感を楽しめるネギラーメンなど、メニューの幅も広いので、好みの違う人同士で訪れても、一人でも楽しめる店舗となっています。

「一芯結」の基本情報

営業時間:ランチ11:00~14:30 ディナー17:30~20:30
定休日:月曜日・その他不定休あり
住所:宮城県若林区沖野3丁目6-60
電話番号:022-352-3229
ホームページURL:https://ramen-restaurant-1837.business.site/
その他:駐車場あり(11台)

この記事に関するお問い合わせはこちら


この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

ここでしか味わえない味がある!「大勝軒 外伝」

2016.11.13

萩の月がオンラインでも購入できる!美味しい食べ方もご紹介

食べる

萩の月がオンラインでも購入できる!美味しい食べ方もご紹介

2020.06.05

イベント

秋の本番が楽しみになる2日間!「定禅寺ストリートジャズフェスティバルin SENDAI交流ライブ」

2018.07.14

食べる

「村上屋餅店」ずんだ餅発祥のお店

2016.10.15

食べる

あのタニタ食堂のメニューが味わえます!「おこん伊達」

2016.12.21

食べる

産地の個性を大切に焙煎しています「BALEARIC COFFEE ROASTER(バレアリックコーヒーロースター)」

2017.07.20