TOPページ-食べる-SNSで話題のフレンチ店発!「つやパンバーガー」がエスパル地下にオープン

SNSで話題のフレンチ店発!「つやパンバーガー」がエスパル地下にオープン

※画像はイメージです。

パンケーキとハンバーガーを組み合わせた、新感覚のパンケーキバーガー専門店「つやパンバーガー」が、エスパル(S-PAL)仙台にオープンしました。

オープン前からメディアやSNSで話題となっており、新たなブームを巻き起こそうとしている「つやパンバーガー」とは、どんなものなのでしょうか。東北初業態となるこちらのお店について、紹介します。

新感覚のパンケーキバーガー専門店「つやパンバーガー」って?

「つやパンバーガー」の場所は、エスパル地下1階のおみやげ通りです。テイクアウト専門店ですから、おうちや職場に戻ってから食べたり、新幹線の中で食べたりとファストフード感覚でいただけます。

つやパンバーガーの考案者は、仙台の名門ホテルでフランス料理の腕を磨いたシェフ。現在は一番町でフレンチ居酒屋「ranpu」を営むオーナーで、有名店のハンバーガーを食べ歩きながら、試行錯誤を繰り返し商品化したそうです。

そんなつやパンバーガーのこだわりは、「宮城県の食材をふんだんに使用している」こと。バンズのパンケーキには、宮城県産「ひとめぼれ」の米粉と、白石市の竹鶏ファームでとれた濃い旨味の「竹鶏たまご」を使用。米粉ならではのもっちりとした食感と、卵の優しい甘みが楽しめます。

バンズに挟む具材は、最高ランク格付けの「仙台牛」を用いたパテや、お刺し身でも食べられる新鮮な「みやぎサーモン」、森林エキスで育てられた「森林どり」など、地元の食材がふんだんに使用されています。これらの食材をフレンチの技法で調理した、豪華なファストフードが、つやパンバーガーなのです。

「つやパンバーガー」のメニューは?

つやパンバーガーには、バーガーのほかにも、ドルチェやワンプレートのメニューもあります。それぞれのおすすめを紹介しましょう。

バーガー
初めていただく方なら、オーソドックスな「仙台牛のつやぱんバーガー(680円)」からチャレンジしましょう。仙台牛のパテは、スパイスを効かせた粗めの挽き肉で整形し、肉の味をしっかり感じられる味付けです。トマトソースやマッシュルームなどの具材も控え目に用い、バーガーを引き立てているのもポイントです。

フレンチを楽しみたい方なら、「ダブル仙台牛ハンバーグのつやぱんバーガー(980円)」がおすすめ。ハンバーグが2つ入って、ボリューミーなメニューです。

ドルチェ&ワンプレート
パンケーキを存分に味わうなら、ドルチェかワンプレートでいただきましょう。

ドルチェにも、宮城の食材にこだわった逸品が目白押しです。「国産ずんだクリーム(400円)」は、餡とホイップクリームは控えめに、パンケーキの味を存分に楽しめます。また、「亘理苺とマスカルポーネ(580円)」「竹鶏カスタードクリーム(400円)」なども人気があります。

このほか、パンケーキとハンバーグを分け、サラダ、スープの付いたワンプレートメニューもおいしいと評判。仙台の新しい味を、皆さんも召し上がってみてください。

「つやパンバーガー」の基本情報

営業時間:10:00~20:00
住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 S-PAL本館B1F
電話番号:080-9629-1324
ホームページURL:https://tuyapan-burger.com/

この記事に関するお問い合わせはこちら


この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

シンプルな素材で作られる毎日食べたくなるパン「THE BREAD BAR(ザ ブレッドバー)」

2017.08.27

食べる

リピーター続出!さふらんの「ハンバーグフライカレー」

2019.05.11

食べる

海の日はワインで盛大に楽しもう!「杜の都のワイン祭り バル仙台2017」

2017.07.08

食べる

ここでしか味わえない味がある!「大勝軒 外伝」

2016.11.13

食べる

老舗の歴史と味をご堪能あれ!「開盛庵」

2017.02.09

食べる

優しいランチと手間ひまかけた自慢の珈琲をどうぞ「風と手と土」

2018.03.27