TOPページ-食べる-白石温麺

白石温麺

main%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%84%e3%80%8c%e6%b8%a9%e9%ba%ba%e3%80%8d%e3%82%92%e4%bb%99%e5%8f%b0%e3%81%a7

温麺と書いて「うーめん」
一見するとそうめんのようですが、その長さはわずか9センチほど。地元で長く愛され続けている名物のひとつです。

「温麺」の由来は、今から400年前の江戸時代初期。胃病の父を心配した孝行息子が、旅の僧から油を使わず胃に負担をかけない麺の作り方を教わったところから始まります。「小麦粉」と「塩水」だけで造った麺を父に食べさせたところ、食欲が戻りたちまち回復。この話が広まり、白石の領主の片倉公からその温かい思いやりを誉められ「温麺」と呼ぶことになったと伝わっています。

夏は冷たく、冬は温かくしても美味しい白石温麺。油を使用していないのでさっぱりとしています。一口で啜れる長さ、もちっとした歯ごたえは食べ進めるとその舌触りの優しさがクセになるほど
高齢の方や子どもにも食べやすく、小さな鍋でもゆでやすい。まさに温もり溢れる麺です。

 

この記事に関するお問い合わせはこちら

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

特集

松尾芭蕉の句で有名な“山寺”の魅力とは

2016.11.02

暮らす

JR仙台駅でスキマ時間を有効活用!駅ナカシェアオフィス

2020.08.17

食べる

コーヒーは勿論他の飲み物も充実、思い思いの時間を過ごすならココ「カフェ ハヴント ウィーメット-オーパス」

2016.10.22

食べる

アメリカ流☆豪快に手掴みでいただく魚介料理!「フィッシュボーンダイナー」

2016.11.18

イベント

東北6県の魅力を再発見!「ハイウェイフェスタとうほく2016」

2016.09.01

食べる

大胆に洋風アレンジ!「そば処 登喜和」

2019.04.12