TOPページ-暮らす-楽天生命パーク宮城にファン必見の宿泊施設がオープン!

楽天生命パーク宮城にファン必見の宿泊施設がオープン!

JR仙石線榴ヶ岡駅、または宮城野原駅より徒歩約8分の場所にある「楽天生命パーク宮城」に、新しく宿泊施設がオープンしました。
「Rakuten STAY x EAGLES」という名前の宿泊施設は、全国でも珍しい「スタジアムに泊まれる施設」として注目を集めています。
一日最大4組しか宿泊できない貴重な施設なので、東北楽天ゴールデンイーグルスのファンならぜひ一度足を運んでみてください。

今回は、スタジアムや試合の様子をチェックしながらくつろげる最先端の宿泊施設、「Rakuten STAY x EAGLES」の魅力をお伝えします。

宿泊施設「Rakuten STAY x EAGLES」って?

「Rakuten STAY x EAGLES」は、2020年6月29日に正式オープンをした、「スタジアム内の宿泊施設」です。
もとは4月17日のオープンを予定していましたが、流行病の影響を受けて、しばらくオープン日が延期されていました。
しかし、緊急事態宣言が終息したことを受けて、6月22日から受け付け開始。
ついに、正式オープンとなりました。

そんな「Rakuten STAY x EAGLES」の特徴は、何といってもスタジアムの中にあること。
東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である、楽天生命パーク宮城内に作られた施設なので、球場の様子を部屋でくつろぎながら楽しめるようになっています。

部屋数は1階と2階に2室ずつの全4室で、宿泊費用は1泊あたり2万5,000円から。
ホテルの予約は、「楽天トラベル」または「Vacation STAY」経由でのみ申し込めます。
東北楽天ゴールデンイーグルスの試合日はもちろん、試合日以外も営業しているので、「スタジアムに泊まってみたい」という人にもおすすめです。

「Rakuten STAY x EAGLES」の魅力

「Rakuten STAY x EAGLES」の魅力は、何といってもスタジアムのすぐ近くで過ごせること。
部屋はスタジアムのレフト側・後方にあるため、試合日は部屋で試合を楽しめます。
室内には大型モニターもあり、モニター越しの観戦も可能。
また、施設の内装も東北楽天ゴールデンイーグルスをイメージしたものになっており、サイン入りのボールやユニフォームなども展示されています。
全部屋の外にBBQグリルも備え付けてあるため、観戦だけでなく食事も可能です。
そのほか、タブレットとスマートロックを使った無人チェックイン・アウト機能も大きな魅力。
人との接触を避けつつチームを応援できるようになっています。

「Rakuten STAY x EAGLES」の基本情報

営業時間:チェックイン15:00:チェックアウト9:00 ※楽天イーグルスの一軍が主催するデイゲームの開催日は12:00からチェックイン可能
定休日:なし
住所:楽天生命パーク宮城レフト側後方「スマイルグリコパーク」内
電話番号:なし
ホームページURL:https://stay.rakuten.co.jp/eagles/

この記事に関するお問い合わせはこちら


この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

イベント

あなたのお好みはどのお店?「はらこめしスタンプラリー」

2016.10.01

暮らす

乗合タクシー運転試行スタート!「のりあい・つばめ」

2019.07.11

東北初出店!「焦がしシュークリーム専門店」が仙台一番町にオープン

食べる

東北初出店!「焦がしシュークリーム専門店」が仙台一番町にオープン

2020.06.05

イベント

仙台・夏の風物詩。七夕飾りの伝統的な美しさに願いを込めて「仙台七夕まつり」

2017.08.02

イベント

伝統と今を繋ぐ新しい形がここに♪「こけし新時代 NEW ERA KOKESHI」

2019.05.16

食べる

おもと

2014.02.15