TOPページ-観る-壱弐参横丁

壱弐参横丁

main%e4%bb%8a%e5%ae%b5%e3%81%af%e4%bb%99%e5%8f%b0%e3%81%ae%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%97%e3%81%aa%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%b8%e3%80%8c%e5%a3%b1%e5%bc%90%e5%8f%82%e6%a8%aa%e4%b8%81%e3%80%8d

横丁文化とも言える仙台市には実に多くの横丁が存在していますよね。
その中で避けて通れないのが「壱弐参横丁」(いろは横丁)です。

南光院丁通りとサンモール一番町通りを結ぶ細い路地に約100店舗、飲食店や衣料品店、雑貨店などのお店が立ち並んでいます。

元は戦後の闇市として始まり、その後公設市場として市民の生活を支えてきた歩みがあります。
混迷の時代を生き抜く人々が集う場所として非常に重宝されたのでしょう。
その70年の歴史が物語るように、老朽化が著しいお店も多くあります。
その一方で新しくできたお店もあり、新旧入り乱れている様子が冒険心をくすぐる横丁です。

ちなみに「壱弐参横丁」の名前、住所が1番町2丁目3番地だからとのこと。
一歩踏み入れると独特な空気感が漂い、まるで昭和にタイムスリップしたような感覚。綺麗な街並みに変わりゆく仙台市にあって、哀愁漂う「壱弐参横丁」は貴重な存在かもしれませんね。

 

■基本情報
「壱弐参横丁」(いろは横丁)
住所 : 仙台市青葉区一番町2-3-28

この記事に関するお問い合わせはこちら

この記事を読んだ方が他に読んでいる記事

食べる

花より団子♪改装後も大人気です「仙臺だんご いち福」

2018.03.28

食べる

通いたくなる隠れ家カフェみーつけた☆「Moi Coffee」

2018.04.19

食べる

HOTなカレーで夏を乗り切れ!インディアンレストラン「RAJ」

2019.06.26

食べる

日本三景・松島の絶景をひとりじめに☆「SHOBIAN CAFÉ」

2018.04.03

食べる

「村上屋餅店」ずんだ餅発祥のお店

2016.10.15

イベント

広瀬川灯ろう流し

2016.09.13